Si-field Diary

旅好き、美味しいもの好きが旅行記として書いていきます

2020.11出雲・玉造温泉・境港 旅行記その7【境港 水木しげるロード編】

出雲・玉造温泉・境港 旅行記その7【境港 水木しげるロード編】

朝食を終えた後、すぐにチェックアウトして次の場所へ向かったのは、境港にある水木しげるロードを歩いてみたかったからです。

途中、松江市内でお土産を買うために寄り道をして、島根県物産観光館へ行きました。その観光館の目の前に堀川廻りの船着場がありました。天気もよかったので、時間があれば乗ってみたかったのですが、先を急いでいたのでスルーしました。

船着場には、朝からたくさんの方が船を待っていました。

f:id:si-field:20201123162528j:plain

 

水木しげるロード編】 

中海を越えて境港へ着きました。境港近くの駐車場に車を停めて、ひとまず境港駅へ行くことにしました。

するとちょうど目玉おやじ列車が入線してきました。

f:id:si-field:20201123163038j:plain

 

駅舎の入り口には、一反もめんがお出迎えしてくれていました。

f:id:si-field:20201123163827j:plain

 

駅に隣接して、みなとさかい交流館があり、中には観光館内所や売店がありました。

目玉おやじ列車が駅に着くとかなりの人が降りてきました。いまだに人気があるのでしょうか?

f:id:si-field:20201123165247j:plain

 

駅前では、水木しげる先生と鬼太郎、ねずみ男の像が出迎えてくれました。

f:id:si-field:20201123164142j:plain

 

駅前公園付近では、鬼太郎や、その他の妖怪が円陣を組んで会議をしている。世界妖怪会議というモニュメントがあります。

f:id:si-field:20201123165207j:plain

 

鬼太郎達を中心にこんな妖怪?達が会議を行なっています。

f:id:si-field:20201130222243j:plain
 

さらに、近くにはこんなのもありました。

f:id:si-field:20201123170106j:plain

 

水木しげるロードは、駅前から水木しげる記念館に至る800mの通りです。

通りの両側に多数のブロンズ像が置かれていました。

小さな像から、ねずみ男の大きなブロンズ像があったりしています。

f:id:si-field:20201123170646j:plain

 

貧乏神のような小型の像などがあります。

f:id:si-field:20201123170817j:plain


ブロンズ像以外には、こんな椅子もいくつも置かれています。

f:id:si-field:20201123170446j:plain

 

水木ロードの途中にすなば珈琲のお店があったので休憩しました。ただ、店内飲食はできなくて持ち帰り、テラスのテーブルのみの営業でした。コロナのためなのかよくわからなかったのですが。

f:id:si-field:20201123171340j:plain

 

あったかいコーヒーをいただきました。

f:id:si-field:20201123171845j:plain

 

さらに、途中、様々な妖怪たちを見ながら、水木しげる記念館前まで歩きました。

f:id:si-field:20201123172033j:plain


記念館もコロナの影響で入館制限がされていました。

1時間あたり20グループに制限され、完全入れ替え制になっていたり、展示物の一部が利用休止などになっていました。

行かれる方はよく調べてから行った方がいいと思います。刻々と変化しているでしょうから。

入館するのも大変なので、今回は中に入るのは諦めました。

f:id:si-field:20201123172226j:plain

 

記念館の横には、妖怪食品研究所のお店がありました。目玉おやじのお菓子で有名なお店ですが、午前中に完売となっていました。

f:id:si-field:20201123172526j:plain

 

記念館から帰り道、妖怪神社に立ち寄りました。

f:id:si-field:20201123172902j:plain

 

妖怪神社の横には、目玉のモニュメントがあります。目玉は水の力で持ち上げられており、クルクル回転させることができ、みんな遊んでいました。

f:id:si-field:20201123173125j:plain


歩道には、汚水の蓋にも鬼太郎たちの絵が描かれています。

f:id:si-field:20201123173336j:plain

 

妖怪ではないと思いますが、閻魔様もブロンズ像になっていました。思わず自分の口を押さえてしまいました。(舌を抜かれないようにしないとね)

f:id:si-field:20201123191903j:plain

 

郵便局では鬼太郎の消印で郵便が送れるサービスをやっているようです。

f:id:si-field:20201123173824j:plain


お土産物屋さんには一反もめんのマグカップなどが置いてありました。

f:id:si-field:20201123180539j:plain


妖怪広場のかっぱの泉では、妖怪あずき洗いがあずきを洗っていました。

f:id:si-field:20201123180841j:plain


ねずみ男も泳いでいました。

f:id:si-field:20201123180908j:plain

 

妖怪だけではなく、テレビくんのブロンズ像もありました。

f:id:si-field:20201123181106j:plain


メフィスト悪魔くんのブロンズ像もありました。暗くなってしまって綺麗に撮れなかったのですが。

f:id:si-field:20201123181439j:plain

 

メフィスト像のすぐ近くには、妖怪たちの足湯がありました。

f:id:si-field:20201123191627j:plain



また、境港の交番にも鬼太郎がいました。鬼太郎交番だそうです。妖怪も捕まえてくれるのでしょうか?

f:id:si-field:20201123191200j:plain

 

境港の水木しげるロードには、170体以上のブロンズ像があるそうです。今回も一体一体見て回りましたが、とても楽しめる場所でした。

この通りだけ、人通りがあります。歩いていてとても楽しかったので、人気になるのも頷けました。

境港でお昼にお魚を食べようかと思いましたが、旅館から早く移動してきたので、せっかくなので大山・蒜山紅葉を見て、お昼にしようと思い、境港から移動することにしました。

 

その8へつづく




 

2020.11出雲・玉造温泉・境港 旅行記その6【玉造グランドホテル 長生閣編】

出雲・玉造温泉・境港 旅行記その6【玉造グランドホテル 長生閣編】

 

玉造温泉 朝の散歩編】

食事の後、眠くて楽しみにしていた食後のお風呂も入らずに爆睡してしまいました。

目覚めたら、すぐに大浴場へ行って朝風呂を楽しんできました。

 

朝食までまだ時間があったので、玉造温泉の足湯に浸かっていないので、せっかくなので朝の散歩に出かけることにしました。

f:id:si-field:20201122133326j:plain

 

 

昨日の夕方の散歩と全く反対の地図がちょうどありました。

河原に足湯がありました。この足湯は24時間使えるようです。昨日の夕方より寒さはマシになりましたが、それでも少し風も冷たくて、足をつけるとほっこりします。

f:id:si-field:20201122135437j:plain

 

足湯のすぐ目の前に勾玉の形をした中洲?その真ん中に青めのうの原石がありました。触ると幸せになるそうです。

f:id:si-field:20201122135901j:plain


さらに、もう少し下流にも足湯がありました。

板張りの広い床が川の中にありました。

f:id:si-field:20201122140738j:plain

この足湯には看板が設置されていました。

f:id:si-field:20201122141011j:plain


さらにもう少し下流には、姫神広場があります。ここにも足湯の設備がありました。

f:id:si-field:20201122141236j:plain

 

ここにも看板がありました。

f:id:si-field:20201122194636j:plain

 

ここにあった足湯は、河原の足湯と違って夜はお湯を抜いているようです。朝一番に見にいくとお湯は張られていませんでした。

コロナ対策で、間隔を開けるように❌マークが貼ってあります。

f:id:si-field:20201122141430j:plain

 

川沿いには、オブジェがいくつも設置されていました。

f:id:si-field:20201122195348j:plain

 

こんなのも設置されていました。

f:id:si-field:20201122195539j:plain


さらに、下流には、星のリゾート 界 出雲の建物が見えました。

大規模旅館にはない雰囲気がありました。今度はぜひ行ってみたいなと思いました。

f:id:si-field:20201122200006j:plain

 

【長生閣 朝食編】


朝の散歩を終えたので旅館に戻り、朝食会場へ向かいました。

朝食は、バイキング形式です。会場へ入る前にアルコール消毒をして、ビニール手袋が渡され、手袋をして食材を取りに行きました。

朝食会場はかなり広いスペースに4人がけの机が多数、間隔を広めに開けて置いてありました。

f:id:si-field:20201122200739j:plain


朝食は、どこでもあるものが中心です。卵焼き、焼き魚など。ただ、出雲そばがあったので食べてみました。

普通のお蕎麦でした。

少し前なら、コロナの影響でバイキングなどなかったでしょうから、大きく変化してきているのでしょう。またコロナ患者が増加したらどうなるのでしょうか?

朝からついつい食べ過ぎて、お腹いっぱいになりました。

f:id:si-field:20201122201358j:plain

 

ごちそうさまでした。


食事を終えたら、すぐに荷物をまとめてチェックアウトし、次の目的地に向けて出発しました。

 

その7へつづく



 

 

 

 

2020.11出雲・玉造温泉・境港 旅行記その5【玉造グランドホテル 長生閣編】

出雲・玉造温泉・境港 旅行記その5【玉造グランドホテル 長生閣編】

【長生閣 大浴場編】

お部屋で一息ついたあと、お風呂に行きました。

男女入れ替え制のお風呂で、広さはかなりありました。時間帯が少し早かったからでしょうか、ほとんど人はいませんでした。

確かに、めのうを薄く切ったものが貼り付けた湯船がありました。

男湯、女湯、どちらにも露天風呂があります。サウナはコロナの影響で中止になっていました。

借り切りの家族風呂もあるようです。(利用はしませんでしたが)

f:id:si-field:20201122120841j:plain

 

【長生閣 夕食編】

旅館に泊まる楽しみは、お風呂と食事です。

今回は、蟹のコースにしました。蟹だけのコースにしたのは初めてです。いろいろな食材をいただくことが多かったのですが、今回は松葉蟹の季節なので思い切って蟹だけのコースにしてしまいました。

 

今回はの夕食は、食事処でした。かなり広い食事処でした。

f:id:si-field:20201122121347j:plain

 

ここは、個室ではなく、大部屋にテーブルをいくつも置いてあるスタイルです。

個室もあったのでお部屋のグレードで決まってくるのでしょうか?

f:id:si-field:20201122121635j:plain

 

まずは前菜から蟹の爪の揚げ物や、干し柿にチーズが入っているもの、梅の甘く煮込んだもの、フグの煮凝りなどがありました。

干し柿以外は美味しかった。干し柿にチーズは少し微妙でした。

f:id:si-field:20201122122842j:plain

次に、テーブルの上にすでにセットされていたお鍋に火を入れてくれました。

f:id:si-field:20201122124345j:plain

 

中身は何かなと思っていると、

活松葉蟹 味噌甲羅焼きでした。

火が通ると、これは美味しいお料理でした。蟹味噌とお出汁の旨味があいまって、さらに熱が加わることでより美味しく感じられました。

これは秀逸でした。

f:id:si-field:20201122124506j:plain

 

そのあと、活松葉蟹のお造り、地魚三種盛りです。

お醤油も少し甘めの地元のお醤油です。蟹の甘さを引き出しているように感じます。さらに、カンパチとマグロ、鯛のお刺身も新鮮で、カンパチは脂も乗っていてい美味しいお味でした。

蟹のお腹の部分は食べにくかったのが残念ですが、味は満足しました。

f:id:si-field:20201122124933j:plain

 

蟹の足の身は食べやすくて美味しいです。蟹の身が花のようになっていました。

f:id:si-field:20201122125938j:plain

 

次のお料理は、活松葉蟹の陶板焼きです。すでに机の上に置かれていたもう一つのお鍋に貼っていたお料理です。お刺身を食べている途中で火をつけにきてくれました。

火が通った頃に蓋を取りに来てくれたら、その中身が活松葉蟹の陶板焼きでした。

これも、お刺身よりも蟹に熱が入ることでより甘みが強調され美味しいお料理になっています。熱々なので食べる時注意しないと火傷をしてしましますが、ほっこりしました。

f:id:si-field:20201122125454j:plain

 

やや、料理の提供が速いので、食べるのが追いつきませんでした。もう少しゆっくりと食べたかったと思います。

 

次に、茹で蟹の半身が出されました。蟹酢でいただきます。

すでに冷たくなっていましたし、小ぶりな蟹でした。

f:id:si-field:20201122130201j:plain

 

次のお料理が運ばれて来ました。

f:id:si-field:20201122130634j:plain

 

火がつけられてしばらくすると蓋を取りに来てくれました。

一人用のお鍋で作る蟹鍋でした。これも蟹がいっぱい入っていました。また、これもお出汁が美味しいです。蟹からの出汁もあるでしょうが、基本のお出汁が美味しいのでしょう。

少し甘めの好みのお出しです。

f:id:si-field:20201122130809j:plain

 

次に、運ばれて来たのは蟹の茶碗蒸しでした。銀杏などの食材が入っていました。

f:id:si-field:20201122131113j:plain

 

次に、運ばれてきたのは、

f:id:si-field:20201122131433j:plain


セコガニを半身使った蟹汁でした。

内子も外子もしっかりあってまた、美味しい蟹でした。

f:id:si-field:20201122131540j:plain

 

最後に、蟹雑炊を作ります。ここでは、自分で作るシステムでした。

ご飯は、地元のお米だそうです。蟹雑炊おなかいっぱいなのになぜか食べられてしまいました。お出汁が美味しいと本当に雑炊が美味しいお料理になります。

f:id:si-field:20201122131808j:plain

 

付け合わせの香の物です。

f:id:si-field:20201122132052j:plain

 

最後にデザートとして、特製プリンでした。

f:id:si-field:20201122132212j:plain

 

お腹いっぱいになりました。

蟹だけだと飽きるかなと思っていましたが、いろいろな料理にされて出されると決して飽きるとこなく食べることができました。

料理の提供が早すぎたのは閉口しましたが、忙しいのでやむを得ないのでしょう。これだけの料理が1時間30分で食べ終わったのですから。

 

ごちそうさまでした。

 

部屋に帰ると布団が敷かれていました。

食事の後、お風呂に入ってと思っていましたが、朝早く家を出ていたので、眠くてそのまま寝てしまいました。

f:id:si-field:20201122132559j:plain






 

2020.11出雲・玉造温泉・境港 旅行記その4【玉造グランドホテル 長生閣編】

出雲・玉造温泉・境港 旅行記その4【玉造グランドホテル 長生閣編】

 

温泉街の散策を終えて、旅館に戻りました。

 

今回は、4日ほど前に急に行こうと思い立ってので、最初は全ての旅館が満室でした。たまたま、時間を変えて何度か予約サイトにアクセスしていたら、キャンセルがでたのでしょうか、長生閣に1部屋空きが出たので、よく調べもせずに予約してしまいました。

【長生閣 お部屋編】

たまたま、空きがでた旅館です。

f:id:si-field:20201122103944j:plain


建物自体はかなり以前に建てられたような印象を受けました。普段は、小規模な旅館が好みなのであまり利用しないタイプの旅館です。

以前であれば、大型バスを使った、団体旅行で利用するような旅館という雰囲気でした。かなりの部屋数のある旅館でした。

f:id:si-field:20201122104143j:plain

 

チェックインの際に、手のアルコール消毒と検温がありました。この旅館では、荷物も自分で運ばなけばなりません。コロナ対策なのでしょう。

ロビーからもお庭が眺められるようになっていました。

f:id:si-field:20201122112941j:plain

 

ロビーの一部にはお土産物も販売していました。かなり奥行きのあるお店でした。

f:id:si-field:20201122113134j:plain

 

ロビーの奥に大浴場がありました。朝と夜の男女入れ替え制です。

f:id:si-field:20201122113313j:plain

 

お部屋への案内もありません。チェックインしたのち、サイズ別に置かれた浴衣の場所まで案内され、浴衣を選んだのち、大浴場の場所の案内があり、エレベーターの前まで案内され、あとは自分で部屋を探さなければなりませんでした。

コロナ対策で致し方ないのでしょう。

 

建物は古そうでしたが、お部屋はリニューアルされているのでしょうか、綺麗になっていました。広さも12.5畳あり2人では十分な広さでした。

ただし、部屋の鍵は1本しかありません。お風呂に行く際には、少し不便ですが、オートロックでもないことから設備の古さが分かります。

f:id:si-field:20201122104800j:plain

 

お部屋には、お菓子が置いてありました。

どじょうすくい饅頭とおせんべいのようなお菓子でした。

f:id:si-field:20201122115432j:plain

 

空気清浄機が置いてあり、部屋に入って時にはすでに運転されていました。音は気になることはありませんでした。

f:id:si-field:20201122112020j:plain


床の間などがあるのでさらに広く感じました。

f:id:si-field:20201122105002j:plain

 

浴衣は、チェックイン時に1階でサイズ別に用意されており、そこで選んだもの持って上がるスタイルでした。

部屋には、バスタオルに、丹前と帯、靴下などが置いてあります。

大浴場には、タオルは置いてありますが、バスタオルは無いのでお部屋から持っていくように言われました。

f:id:si-field:20201122105144j:plain

 

 お部屋にはTV、冷蔵庫、お茶のセット等がありました。

f:id:si-field:20201122110747j:plain

 

お茶のセットとコーヒーのセットがあり、これは無料で利用できました。お水が2本お茶などを入れるために用意されていました。

左手のケースの中にはコップやティファールの湯沸かし器もありました。

f:id:si-field:20201122110916j:plain

 

洗面には、タオルと歯磨きセットやドライヤー、ハンドソープ程度のものしかおいてありませんでした。

f:id:si-field:20201122111448j:plain

 

部屋にも小さなお風呂はありましたが、利用はしませんでした。

f:id:si-field:20201122111706j:plain

 

トイレも綺麗になっていてウォシュレットになっていました。

f:id:si-field:20201122111828j:plain

 

お部屋からは、お庭が眺められるようになっていました。たまたま最上階の部屋でしたので綺麗にお庭全体が見通せました。左手奥にある建物が大浴場です。

f:id:si-field:20201122112301j:plain

 

その5へつづく

2020.11出雲・玉造温泉・境港 旅行記その3【玉造温泉編】

出雲・玉造温泉・境港 旅行記その3【玉造温泉編】

松江城を中心に一通り見学した後、今日の宿泊先である玉造温泉へ移動しました。

途中、穴道湖に浮かぶ嫁ケ島が綺麗に見えみした。

f:id:si-field:20201121093419j:plain

 

松江市内から玉造温泉までは、車で15分程度で距離にして8kmほどです。もっと市内から遠いイメージを持っていたので、近くてびっくりしました。

ひとまず、旅館の駐車場に車を停めて、荷物を置いてすぐに玉造温泉の周辺を散策してみました。夕食は19時からにしたので余裕がありました。

 

旅館から歩いてすぐの場所に、周辺のマップがありました。

f:id:si-field:20201121094548j:plain

 

薬師湯広場です。玉造温泉の源泉が湧き出しています。思ってたより熱めのお湯でした。このお湯は持ち帰りができるようになっていました。

f:id:si-field:20201121094955j:plain

 

薬師湯広場の右手の箱の中に、温泉持ち帰り用のボトルが置いてあり、1瓶200円で販売していました。お金は、お賽銭のように右手の箱の中に入れるようになってました。

この温泉水は、美肌に良い成分を含んでいるそうです。けれども、何回も旅館のお風呂に入るつもりでしたから、買わなかったのですが。

f:id:si-field:20201121095305j:plain

 

次にすぐ近くの、玉作湯神社に行ってみました。

ここには、叶い石というお守りがあると聞いていたので、ぜひ行ってみたかった場所です。

f:id:si-field:20201121100132j:plain

 

玉作湯神社の説明書きもありました。

f:id:si-field:20201121101459j:plain

 

まず、最初に社務所で叶い石のお守りをいただきます。

夕方5時前ですが、ひっきりなしにお参りの方がいらっしゃいます。

f:id:si-field:20201121100708j:plain

 

社務所でいただいた、叶い石です。幾つも置いてある箱から自分で一つを選ぶようになっていました。この中に叶い石と願い札、お守袋など必要なもの一式が入っています。いただいた叶い石はローズクオーツでした。さらにお参りの手順が書いてある紙もいただけます。

f:id:si-field:20201121102011j:plain

 

その手順に従いお参りしてきました。

まず、神社に至る階段の前、鳥居のところで一礼します。

f:id:si-field:20201121102953j:plain

 

階段を登りきったところにある、手水舎でお清めをします。

左手、右手、口をすすぎ、最後に次の方のため柄杓の柄をすすぎます。

f:id:si-field:20201121103307j:plain

 

次に拝殿にお参りします。

ここでは、2礼、2拍手、1礼です。

f:id:si-field:20201121103812j:plain

 

叶い石を袋から取り出して、本殿の右手にある御神水でお清めします。

お水がちょろちょろ少しずつ石の下から湧き出していますので、そのお水でお清めします。

そのあと、丸い願い石に叶い石を直接触れされて願い石のパワーをいただきます。

真剣に皆さんやっていらっしゃいました。

f:id:si-field:20201121104049j:plain

 

その後、拝殿に戻り願い札(複写式)にお願いと住所・氏名を記入し、1枚は願い札入れに、もう1枚は叶い石と一緒にお守り袋に入れることになっていました。

これで唯一のお守りの完成です。

真剣にお願いして、一つお守りを作りました。願いが叶ったら、お礼参りに行かないといけません。

f:id:si-field:20201121104724j:plain

 

玉作湯神社のお参りを終えたあと、まだ明るかったので、もう少し散策しました。

神社のすぐ向かいには、恋叶い橋がありました。
橋の上で写真を撮って、神社の鳥居が写っていれば恋が叶うのだそうです。

f:id:si-field:20201121105810j:plain

 

橋の説明書きもありました。

忘れた頃にやってくるっていつ?

f:id:si-field:20201121105927j:plain

 

薬師堂にお供えするお水を汲み上げていた井戸だそうで、今は、ここで鯉の餌を売っていました。みんなここで鯉の餌を撒くのでしょうか、川には大きな鯉が泳いでいました。

f:id:si-field:20201121110300j:plain

 

恋(鯉)が近づくそうです。

f:id:si-field:20201124224845j:plain


旅館も緊急事態宣言時にはお休みしていたのでしょうか?コロナの影響はこの温泉街のお土産物屋さんにも出ています。

こんなことを店先に書いてある蜻蛉玉のお店がありました。

f:id:si-field:20201124225351j:plain


このあと少し温泉街を歩いて旅館に戻りました。

その4へつづく


 

2020.11出雲・玉造温泉・境港 旅行記その2【松江 松江城編】

出雲・玉造温泉・境港 旅行記その2【松江 松江城編】

安来節演芸館】

足立美術館で心もお腹もいっぱいになって、次の目的地である松江市内へ移動しようとしました。

すると以前は、なかったと思うのですが、足立美術館駐車場のすぐ横に安来節演芸館がありました。

f:id:si-field:20201118223547j:plain

 

1日に何回か安来節の実演をしているようです。今回は、時間もなかったので見ることはできませんでしたが、お土産物屋さんやどじょう料理のお店も併設されていたりしていました。どじょう料理のどじょう亭はお昼時並んでいましたので美味しいのでしょうか?心惹かれましたが次の場所へ移動しました。

f:id:si-field:20201118223716j:plain

 

松江城】 

次の目的地は、松江城です。天守閣が現存する国内12のお城の一つで、国宝に指定されており、天守閣に登ることができます。

土日は無料開放されている県庁に車を停めて、松江城見学に行きました。

 

お城の周りにはお堀が掘られており、石垣や、その向こうに天守閣を望むことができます。お城の木々も紅葉していました。

f:id:si-field:20201118224747j:plain


天守への生き方は5通りあるようですが、今回は、県庁の駐車場から一番近い千鳥橋からお城へ向かいました。

f:id:si-field:20201119211228j:plain

 

千鳥橋の説明書きがありました。

f:id:si-field:20201119211538j:plain

 

坂道を上がっていくと、南門がありました。

f:id:si-field:20201119211707j:plain

 

さらにその先には、興雲閣や松江神社がありました。

f:id:si-field:20201119211908j:plain

 

松江神社の狛犬には、なんとマスクをしていました。コロナには感染しないと思うのですが?

f:id:si-field:20201119212043j:plain

 

松江神社の説明文がありました。

f:id:si-field:20201119214234j:plain

 

さらに、進んでいくと松江城の本丸に至る料金所がありました。お城では、しまねプレミアム観光券を使うことができますが、現金との併用ができないとか、プレミアム観光券を2回にわけて買うと、合算できないとか、注意する必要があります。もっと使い勝手を考えてきちんと準備をして欲しいと思います。

f:id:si-field:20201119212324j:plain

 

コロナウイルス対策で、松江城に入城する前には、テントが建てられており、そこで手のアルコール消毒は当然として、連絡先を記入するようになっていました。

f:id:si-field:20201119212520j:plain


ここまで来ると、目の前に松江城が綺麗に見えます。

f:id:si-field:20201119212721j:plain


お城の中には、急な階段が続いており、所々に古い鯱などの展示物がありました。

f:id:si-field:20201119213114j:plain

 

籠城する際に使うのでしょうか、それとも普段から使っていたのでしょうか、井戸がお城の中に掘られています。今はもう水は枯れていました。

f:id:si-field:20201119213317j:plain


天守閣の最上階からは、松江市街や、その先の穴道湖が一望できます。所々に紅葉した木々も見え、最上階は明るく、風も通って気持ち良い場所でした。

f:id:si-field:20201119213545j:plain


城内は、こんな急な階段ばかりでした。登るより、降りる方が怖い階段です。

f:id:si-field:20201119213810j:plain

 

お城からの帰り道で、松江神社の横にあった、興雲閣に入ってみました。

f:id:si-field:20201119214529j:plain

 

興雲閣の説明があります。

f:id:si-field:20201119214728j:plain

 

この中は自由に見学もできるようになっていました。2階に上がるとそこはホールになっています。さらに貴顕室(きけんしつ)もありました。

f:id:si-field:20201119221958j:plain

 

2階のテラスからも、松江の街を見ることができます。

f:id:si-field:20201119222217j:plain

興雲閣の1階には、亀田山喫茶室というお店もありました。せっかくなのでレトロな雰囲気でコーヒーを飲むのもいいかなと思って休憩してみました。

f:id:si-field:20201119214926j:plain


店内は、テーブル席がいくつかあって、混んでいることもありませんし、ゆっくり時が流れていました。

f:id:si-field:20201119215206j:plain


ここでは、コーヒーをいただきました。

f:id:si-field:20201119215339j:plain


落ち着いた雰囲気の中美味しくいただきました。

 

ごちそうさまでした。

 

その3へつづく

 

 

 

2020.11出雲・玉造温泉・境港 旅行記その1【出雲 足立美術館編】

出雲・玉造・境港 旅行記その1【出雲 足立美術館編】

Go To トラベルもあったので、季節の松葉蟹を食べたいし、秋の足立美術館などの行ってみたい場所へこの際行っておこうと思い立ち、数日前に運よく空いていた旅館を予約して出雲、玉造温泉、境港に行ってみました。

できるだけ早く現地に着きたかったので朝の6時前に出発しました。

途中、朝ごはんを食べるため、中国自動車道の勝央パーキングエリアに立ち寄ると、

f:id:si-field:20201117225457j:plain

 

デカ盛りのメニューがありました。Bigカツ丼です。まだ、朝早く開店していませんでしたがお店の目立つ場所にディスプレイされていました。仮に開いていたとしても、さすがに朝からこんなに食べられませんが。

f:id:si-field:20201117225637j:plain

 

このサービスエリアで見つけたのが、しまねプレミアム旅行券のパンフレットでした。これは、島根県内の観光施設の入場料・利用料などに使える電子チケットの案内です。調べると、足立美術館の入場料で使え、大幅に安く(50%オフ)なります。早速、会員登録して購入してみました。スマホが絶対必要ですが、持っていれば、知らずに行くともったいないです。

f:id:si-field:20201118194729j:plain

 

途中、蒜山SA(ここではデカ盛りカレーがありました。流行っているのかな?)などで休憩しながら目的地の足立美術館に着きました。

足立美術館

以前訪問したのは20年以上も前ですが、2回目の訪問です。秋に訪問したは初めてです。もみじが綺麗に紅葉している木もありました。

f:id:si-field:20201117225922j:plain

 

土曜日の午前中ですが、広い駐車場には、かなりの車が止まっていました。ご時世でしょうか観光バスはほとんど停まっていませんでした。おそらく例年であれば人出が凄かったと思います。

早速入場券を買って美術館の中へ、そこで、ネットで購入した、しまねプレミアムチケットを使ってみました。半額で入場できるのはありがたかったです。(本来なら大人1名2,300円ですから)

 

入ってすぐに目に飛び込んでくるのが、お庭の景色です。

松の青さに、所々さし色の赤が入ってとても綺麗です。

f:id:si-field:20201118200528j:plain


こうしたお庭を眺めることができるように大きな窓が配置されていたり、所々建物と建物の渡り廊下から眺められたりできるようになっています。

f:id:si-field:20201118200746j:plain

 

さらに、人工の滝まで作られていて初めて来たときは驚きました。

お庭の向こうには国道が通っていて、そのさらに奥に滝が作られています。お庭からは国道は見えませんのでまさに滝が流れているとしか見えない作りになっています。

f:id:si-field:20201118201013j:plain

 

実際に目視すると綺麗に見えるのですが、写真になるとほとんどわかりませんが、確かに滝があるのがわかります。

f:id:si-field:20201118210143j:plain

 

美術館の中には、お庭を見ながら食事ができる場所があるので、少し早いですが簡単な昼食を取りました。

f:id:si-field:20201118201355j:plain

 

ここでは、カレーと出雲ぜんざいを注文しました。

出雲ぜんざいは、汁気の多いおぜんざいでした。お餅も白玉かなと思われるものが何個も入っています。さらっとして甘味もひつこくないおぜんざいでした。

f:id:si-field:20201118201524j:plain

 

もう一品は普通のよく煮込まれたカレーです。島根牛が入っています。

f:id:si-field:20201118202046j:plain

 

サラダとラッキョなどが付け合わせでついてきました。 

f:id:si-field:20201118202231j:plain

食事を終えて、さらに美術館内を進んでいくと、お庭を額に見立てた建物があります。

実際にはもっと綺麗に見ることができますが、普通に撮影するとあまり綺麗には見えないのが残念ですが。

f:id:si-field:20201118210445j:plain

 

こうしたお庭をあちこちから眺めることができました。お天気もよく暖かい日でしたので気持ちよく回ることができました。

f:id:si-field:20201118210706j:plain

 

その後、美術館の展示物のエリアに進んで行きました。展示物の写真は撮影できなかったのですが、横山大観や、上村松園、伊藤深水など日本画の大家の作品がいくつも展示されていました。特に、秋の期間限定で展示される大観のもみじの屏風は圧巻でした。

ただ、昔に比べて日本画の展示点数が少なくなっていたように感じました。もっと展示されていたように思うのは気のせいでしょうか?

 

他に魯山人館が新たに開館していました。

f:id:si-field:20201118212231j:plain

 

館内をゆっくり見て回り、食事までして約2時間程度楽しみました。

 

その後、足立美術館の前にあったお土産物屋さんで見つけた、そばおやきをおやつで食べました。

f:id:si-field:20201118212129j:plain

 

そばおやきごぼう入りをいただきました。

熱々です。中には、ごぼうと島根和牛の佃煮が入っていました。ちょとした、おやつにはぴったりでした。

f:id:si-field:20201118212435j:plain

 

初めて秋の足立美術館を訪問することができ、季節限定で展示されている大観の大作を見ることができ、お腹も心も満たされました。

 

ごちそうさまでした。

 

その2へつづく