Si-field Diary

旅好き、美味しいもの好きが旅行記として書いていきます

2022.10 金沢 山代温泉旅行記その7【山代温泉 あらや滔々庵 夕食編】

2022.10 金沢 山代温泉旅行記その7【山代温泉 あらや滔々庵 夕食編】

街歩きから帰ってきたので、夕食前にお風呂に入りました。

男湯、女湯、それに烏湯の3つの大浴場がありました。特に烏湯は洗い場もなく、照明も落としてあり、とても落ち着いたお風呂でした。(時間により男女交代制でした)印象深いお風呂でした。

お風呂上がりに、ロビーで

一口いただきました。お風呂上がりに最高ですね。

 

さて、旅館に泊まる一番のお楽しみの夕食の時間になりました。

今回は個室の食事処での夕食です。

かなりゆったりとした個室になっていました。4人でも十分な広さがあるように思います。

 

今日のお品書きがお盆の上に置いてありました。期待が膨らみます。

 

まずは、食前酒。菊の花びらが散らされた日本酒でした。

香の良いお酒でした。

 

先付けです。胡麻豆腐、ホタテやいちじくに胡麻のソースがかけられており、胡麻ソースが濃厚で、いちじくとの相性もよく、美味しくいただけました。

 

次に椀物です。

鱧に松茸のお吸い物です。香がよく、またお出汁がとてもおいしい。ホッとするお味でした。

器も綺麗なお椀でした。

 

次にお造り。赤イカや、甘エビ、かんぱち、くえ、バイ貝などのお刺身でした。塩でいただいたり、醤油でいただきました。

塩でいただくと魚の甘みがよくわかりました。

甘エビは魯山人が好んで食べたという、西京漬として出されていました。しっかりとして味がついており、はじめていだだきましたが、美味しい甘エビでした。

 

八寸です。2人分を盛り付けていました。

彩もよく、さらに2人分を1つお盆に盛り付けているののでとても豪華に見えました。

 

次に強肴として、甘鯛や、銀杏などが出てきました。甘鯛は脂も乗って美味しいお料理でした。

 

炊き合わせです。鴨のコンフィです。赤味噌がかかっていました。鴨と味噌の取り合わせは初めていただきましたが、しっかりとした味噌の味と鴨が味がマッチして美味しい一品でした。

 

最後にキノコ雑炊です。お腹いっぱいになっているのですが、雑炊だとさらっといただけました。

どの料理もお出汁がしっかりしていて、美味しいお料理です。

 

水菓子です。レモン風味ゼリーがかけられた梨やブドウなどの果物と、栗の渋皮入りアイスクリームでした。ゼリーには柘榴が数粒かけられていました。

栗の渋皮のアイスが特に美味しかった。

 

器も九谷焼が用いられており、とっても美味しいお料理ばかりでした。

ごちそうさまでした。

 

その8へつづく

 

2022.10 金沢 山代温泉旅行記その6【山代温泉 街歩き編】

2022.10 金沢 山代温泉旅行記その6【山代温泉 街歩き編】

滔々庵にチェックインしてから夕食までの間に少し山代温泉の街を歩いてみました。

 

あらや滔々庵の目の前に山代温泉の古総湯がありました。

 

また、そのすぐ向かいに、星のリゾート界加賀がありました。独特の雰囲気がありました。

 

九谷焼の窯元に行く途中にお地蔵様の前にコンコンと水が沸いていました。触ってみると冷たいお水でした。飲みことができるようでした。

 

湧水の案内板がありました。

 

九谷焼の窯元の須田青華のお店がありました。何か思い出になる一品を買おうかと思いましたが、お値段が・・・ 目の保養をさせていただきました。

 

うつわ蔵はお休み中でした。

 

足湯もありますが、タオルを持っていなかったので見るだけにしました。

 

大型の旅館が休止しているのか廃業しているのかわかりませんでしが、10年以上前に訪問した時はもっと人通りもあったし、街全体に活気があったように思いました。

コロナの影響でこうなってしまったのか、旅行の様式が団体旅行から個人へ変化した影響なのかわかりませんが。

 

小さな街なのですぐに一回りすることができました。

 

その7へつづく

 

2022.10 金沢 山代温泉旅行記その5【山代温泉 あらや滔々庵編】

2022.10 金沢 山代温泉旅行記その5【山代温泉 あらや滔々庵編】

金沢市内で昼食をとった後は、今日の宿にしている山代温泉へ移動しました。

山代温泉へは10年以上前に一度行ったきりでした。今回は、その時に泊まってとても良かったべにや無何有にするか、あらや滔々庵にするか迷ったのですが、食事が個室ということで、あやら滔々庵にしてみました。

昔、べにや無何有は、お部屋食だったのに、人手不足なのか理由はわかりませんが大部屋の食事処になっていましたのが今回は候補から外しました。お部屋は素敵なのですが。

 

【あらや滔々庵 お部屋編】

 

一番みてみたかった魯山人の絵がロビーにありました。

 

廊下を含めて全て畳敷でしたのでスリッパ等を履かずにいられました。

 

今回のお部屋は、4階の403 宝生というお部屋でした。

 

あらや滔々庵では、チェックインは部屋で行うスタイルでした。

お菓子と

 

お茶をいただき、チェックインしました。

 

今回は、良いお部屋が取れなかったのが残念でしたが、山側のお部屋で窓の外は、山の緑が綺麗に見えていました。

 

年季の入った椅子が置いてありました。

 

床の間付きの10畳ほどのお部屋です。

 

部屋のお風呂です。露天風呂ではありませんし、狭いお風呂でしたので、利用することはありませんでした。

 

押し入れの中には、浴衣とセーフティボックスがありました。

 

魯山人編】

せっかく魯山人の作品が展示されていると聞いていたので、館内を散策してみました。

ロビーを中心に幾つかの展示スペースがありました。

 

ロビーの展示スペースです。

 

同じくロビーにありました。

 

非常に大きな花器も展示されていました。

また別室にも作品がいくつも展示されていました。

 

あと、ロビーには、スパークリングワインなどがお風呂上がりに自由に飲めるように置いてありました。

 

その6へつづく

2022.10 金沢 山代温泉旅行記その4【金沢 梅梅ランチ編】

2022.10 金沢 山代温泉旅行記その4【金沢 梅梅(メイメイ)ランチ編】

東茶屋街でお茶をした後、お昼を食べようと茶屋街周辺を歩いてみたのですが、どこも混んでいたのでもう少し市内へ戻ろうと思いました。

途中、カンカンと甲高い音が聞こえたのでそっと覗いてみると、指輪屋さんがありました。

 

店内で指輪を作ることができるお店のようでした。事前に予約が必要なようですが、店内では、何人かの方が作成しているようでした。

 

浅野川沿いにも、主計町(かずえまち)茶屋街がありました。

夜来ると雰囲気が違うのかなと思いながら少し歩いてみました。

 

【梅梅(メイメイ)ランチ】

東茶屋街から車を停めている近江町市場へ戻る途中に雰囲気のあるお店があったので少し待って入ってみました。

お寿司も食べたかったのですが、夜は和食になるので、昼間は中華にしてみました。

 

薪はリンゴの木を使用していると書いてあったので興味がありました。

確かに、リンゴの木が箱に入って置いてあるのが外から見えました。


りんごの木の薪とダックが店内にぶらさっがっていました。

 

落ち着いた雰囲気の店内です。

 

海老チリソース定食です。

小海老がぷりぷりの食感で美味しいお料理でした。

 

もう一品は期待の北京ダックと麻婆豆腐セットです。

最初にイカのネギソースなどの前菜が出てきました。

 

北京ダックが4枚出てきました。ここは、皮だけでなく身もついていました。

 

皮が出てきました。

 

味噌をしっかり塗ってネギときゅうりを入れました。2枚の北京ダックを入れていただきます。

皮だけの方がパリパリした食感が楽しめるのですが、今回のお料理では身もついているダックでした。味噌が美味しいので幸せな気分でいただきました。

 

麻婆豆腐です。

痺れる感じの麻婆豆腐でした。

 

量もちょうど良く、美味しい中華料理でした。

 

その後、山代温泉に向けて出発しました。

 

その5へつづく

 

2022.10 金沢 山代温泉旅行記その3【東茶屋街編】

2022.10 金沢 山代温泉旅行記その3【東茶屋街編】

金沢城を見学した後、歩いて東茶屋街へ移動しました。

 

金沢城を出ると、すぐに兼六園の入り口がありました。

今回は、兼六園は素通りです。

 

兼六園の周辺のお土産物屋さんがある中で、一軒のチョコレート専門店を見つけました。

ショコラトリー雨の詩(あめのうた)がありました。店頭に美味しそうなソフトクリームがあったので思わず買ってしまいました。

 

店頭には美味しそうなチョコが並んでいました。

 

今回は、チョコではなく、ソフトクリームにしました。

ショコラソフトのハロウィン限定です。この時期だけ提供されているようでした。

チョコの味がしっかりとした、とても美味しいソフトクリームでした。金箔ソフトを買おうと思っていたのですが、こっちにしました。

 

そのほかには、シャインマスカットチョコなんかも置いてありました。これも食べたかった。

 

ソフトクリームを食べた後、さらに東茶屋街に向けて歩いていると途中に火の見櫓がありました。

 

その横に解説がありました。

 

この橋を渡って少し先に進むと東茶屋街がありました。

 

東茶屋街につきました。

 

一番有名な景色です。

もっと長い通りだと行くまでは思っていたのですが、とても短い通りでした。行ってみて始めてわかりました。

京都の花見小路をかなりコンパクトにした街という印象です。

 

せっかく茶屋街にきたので、和菓子とお茶をいただこうと思って、事前にお店を探していました。

茶屋街のちょうど真ん中ぐらいにお店がありました。古民家を改装した久蓮波(くれは)です。

 

一階は、小物類が販売されているようです。主に2階がお座敷になっていて、そこでお茶がいただけました。

 

細い階段の上がお座敷です。少し急な階段でした。

 

階段を上がったところにある廊下の左右にいくつもの部屋がありました。

 

茶屋街が望めるこちらの部屋にしました。


窓からは、茶屋街の様子をよく見ることができました。

 

今日のお菓子ですが、上生菓子をお願いすると、1つは

 

もう1つはこんな和菓子でした。

 

お茶もいただきました。

 

その4へつづく

 

 

 

2022.10 金沢 山代温泉旅行記その2【尾山神社、金沢城編】

2022.10 金沢 山代温泉旅行記その2【尾山神社金沢城編】

近江町市場で朝ご飯を食べた後、本格的に市内観光へ出かけることにしました。

まずは、市場から近い尾山神社にお参りに行くことにしました。

今回初めて、ゆっくりと市内観光をしたのですが、主な観光名所は、少し広めの徒歩圏にありました。

観光地図が尾山神社内にありました。位置関係がよくわかりました。

 

近江町市場から歩いて10分も掛からなかったと思うのですが、印象的な外観の尾山神社につきました。

 

鳥居をくぐって近づくとより分りました。

 

お参り前に手を清めました。最近はどこでもコロナのため、パイプから直接お水が出るようになっていて、風情もあったもんじゃありません。

 

御本殿です。

 

お参りを済ませた後、境内をみてみると前田利家公の像がありました。

 

利家公の背中ほろについての解説も像の横にありました。こんな用途があったのは初めて知りました。

 

境内を散策するとこんなものもありました。さし石というそうです。

触ると健康になると言われているそうで、しっかりお願いしつつ触ってきました。

 

この尾山神社に隣接して金沢城がありました。

尾山神社からは、橋で繋がっていました。正面に見える門は鼠多門です。今日はここから城内へ入ってみることにしました。

 

門のところに城内の案内図がありました。ほとんどは庭園や公園として整備されていました。

 

鼠多門を入ってすぐにあった庭園が玉泉院丸庭園でした。

 

お庭の解説がありました。

 

また、一角には、庭園を眺めながらお茶をいただける玉泉庵があったのですが、当日は催しで貸切になっており、利用できませんでした。生菓子とお茶を楽しみにしていたのですが残念でした。

 

庭園を回遊しながら、城内の散策を続け、三十間長屋まできました。

長屋の解説がありました。

 

二の丸公園の場所です。現在は、発掘調査が進められているようです。

 

壁にはお屋敷の間取りが書いてありました。広大なお屋敷のようです。

さらにその先にある五十間長屋などです。見学ができるようですが、有料なので・・・。

 

反対側から見るとこんなふうに見えました。

 

五十間長屋を見ながらさらに、兼六園方面へ歩いて行きました。

 

その3へつづく

 

 

2022.10 金沢 山代温泉旅行記その1【金沢 近江町市場編】

2022.10 金沢 山代温泉旅行記その1【金沢 近江町市場編】

山代温泉に行こうと思って計画していたのですが、せっかく行くのなら金沢市内の観光もしたいと思い欲張って行ってきました。

時間を有効に使いたくて朝一から、金沢市内観光ができるように、夜中や明け方に大阪を出ようかと思ったのですが、前日の夕方から移動して金沢のビジネスホテルに泊まった方が楽なので手頃な値段のホテルがあったので前日から移動しました。

おかげで朝から元気いっぱいに金沢市内観光ができました。

 

金沢駅 鼓門】

朝一番に金沢駅に行ってみました。写真でしかみた事がない鼓門を見ることが目的です。

 

遠くから見る景色と、近づいて見る景色ではずいぶん印象が違いました。

門として独立しているとばかり思っていましたが、実際は駅の建物と一体化された大きな建物でした。

観光用の写真で見るのと実際に行って見るのでは、ずいぶん印象が違いました。

 

鼓門を裏から見ると駅と一体化していることがよくわかると思います。

とても印象的な場所でした。

 

全体の構造がよくわかる模型が置いてありました。街の一部として機能するように設計されているようです。

 

【近江町市場】

金沢駅でお土産を買ったり、一通り見学した後、朝ごはんを食べるために近江町市場へ行ってみました。

朝8時過ぎなので、まだお店の大半は開いていませんでしたが、一部のお店は開店準備を始めていました。

 

海産物のお店は開店が早いのか、すでに海老や蟹が並んでいました。このまま帰るのであれば買って帰ることもできますが、今日は山代温泉で宿泊なので、目で楽しんでおきました。

 

これからの季節美味しくなる、大量のシェルがきもありました。


海産物以外では、美味しそうなフルーツも食べ歩きができるようにカットされて販売されていました。

観光客向けでしょうか?

 

お腹も減ってきたので、近江町コロッケで能登牛メンチカツを買いました。

 

食べ歩きしやすいように一個ずつ袋に入れてもらいました。

お肉いっぱいの美味しいメンチカツですが、一個400円もしました。

 

メンチカツだでけは寂しいのでもう少し市場内を歩いていると、金沢おでんのお店があったので入ることにしました。

 

あまつぼというお店がすでに営業を始めていました。

朝まだ8時台ですが、店内ではすでに何組か食事をしていました。

 

ここでは、金沢おでんを頼んでみました。

玉子とちくわ、大根、厚揚げがセットになっていて、追加で赤まきを頼みました。

とてもあっさりとした味付けでした。

 

食事を終えて、お土産に加賀野菜のさつまいもを買って帰りました。まだ朝9時ごろですが営業を始めるお店も多くなり、人でもずいぶんと増えてきました。

 

その2へつづく