Si-field Diary

旅好き、美味しいもの好きが旅行記として書いていきます

2020.8 水掛不動尊(法善寺)訪問記 【大阪 難波 法善寺編】

水掛不動尊(法善寺)訪問記 【大阪 難波 法善寺編】

 

コロナウイルスの影響で遠出はおろか、外出するのも気を使わなければならない日々が続いています。けれども1日中ダラダラと家の中に籠っているのも気が重いので、朝の早い時間に、法善寺の水掛不動尊へお参りに行ってきました。

 

場所は、南海、大阪メトロなどの難波駅から歩いて10分もかからない建物に囲まれた場所にあります。初めて行くと通り過ぎてしまうかもしれません。

 

朝、早めの時間なのでほとんど人もいません。

f:id:si-field:20200810181623j:plain

 

門の正面には夫婦善哉のお店が見えています。

おぜんざいで有名なお店ですが、残念ながらまだ入ったことはありません。

f:id:si-field:20200810182102j:plain

 

水掛不動尊の建物です。

時間帯によっては、お参りする方の列ができているのですが、朝早いと誰もいませんでした。

f:id:si-field:20200810182330j:plain

 

参拝する方がお水をかけるので、苔がいっぱい生えています。

枯れることはありません。

どんな願いも叶えていただけるお不動さまです。

f:id:si-field:20200810182733j:plain

 

水掛不動尊にかける水は、こうしてバケツに汲まれて横に置いてあります。

お参りする際に手もとの水瓶が空になったら、自分でバケツからお水を移してお参りします。

f:id:si-field:20200810183016j:plain

 

空になってバケツは、不動尊の建物の横にある井戸から汲み上げてまた同じ場所に置いておきます。次の方達のために。

f:id:si-field:20200810183431j:plain

 

水掛不動尊へお参りした後、そのすぐ横に二河白道堂があります。

f:id:si-field:20200810184304j:plain

 

その由来

f:id:si-field:20200810184011j:plain

 

水掛不動尊の周りは法善寺横丁なので、飲食店がいっぱいです。

コロナウイルスの影響で8月20日まで自粛期間にこの周辺は指定されているため、休業しているお店や、営業していても午後8時に終了するお店など大変なことになっています。

穏やかな日常に戻ってほしいと思います。(ゆっくり食事もできません)

f:id:si-field:20200810185115j:plain

 

世の中が1日も早く平常に戻ってくれればと思いながら、お不動さんへお参りしてきました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

2020.8一新家 松原市別所店 訪問【大阪・松原 ランチ編】

一新家 松原市別所店 訪問【大阪・松原 ランチ編】

松原インター近くに新しく横浜家系ラーメンの一新家さんの新店が開店すると聞いて、行ってきました。

場所や松原インター近くの元魚輝水産のお店があった場所に、開店していました。開店日から三日間は普段700円のラーメンが500円(税込み)ということなので行かずにはおれません。

f:id:si-field:20200809101304j:plain


開店初日でラーメン500円だったからでしょうか、11時45分頃にお店に着くと、長蛇の列一瞬帰ろうかと思いましたが、ラーメンなので長居するはずもなくすぐに空くだろうと珍しく待ってみました。

予想通り、15分も待つと案内されました。

当然、500円ラーメン(豚骨醤油味)を券売機で買って席につきました。

 

店内は意外に広く、テーブル席とカウンター席が余裕を持って設置されていました。

f:id:si-field:20200809101752j:plain

 

定番の刻み生姜、ニンニクなどがカウンターに置いてあります。

f:id:si-field:20200809102014j:plain

 

ここでは麺の細さも中太麺か細麺かが選べるようになっていました。

f:id:si-field:20200809102216j:plain

 

中太麺、その他は普通でオーダーし待つこと5分ぐらいで出てきました。

f:id:si-field:20200809102429j:plain

 

今日は、開店初日なので、オペレーションがうまくいかず、麺の茹で具合などが心配でしたが、もちもち感のある麺でした。

チャーシューは、思ったよりも固めのチャーシューでしたが、美味しくいただけました。

 

ごちそうさまでした。

 

 

2020.8エルク 四ツ橋 訪問【大阪・四ツ橋 スイーツ編】

エルク 四ツ橋 訪問【大阪・四ツ橋 スイーツ編】

今回は、甘いもが食べたくなって、四ツ橋(心斎橋)にあるスイーツのお店 エルクに行ってみました。

このお店はもちろん初めての訪問です。期待に胸膨らませて行ってみました。ちょと恥ずかしいけど。

 

場所は、地下鉄四つ橋線四ツ橋駅から歩いて数分のビルの一階にありました。簡単に見つけることができました。

f:id:si-field:20200807225000j:plain

 

平日の午後の訪問でしたので、幸いそんなに混んではいませんでした。

ここでは、一つはお店で一番シンプルなパンケーキを頼みました。

パンケーキは2枚か又は3枚選べるようになっていたので、今日は3枚にしました。パンケーキの甘味は控えめになっていて、軽い食感の生クリームと蜂蜜をかけて食べると、とっても美味しい。あっという間に3枚食べてしまいました。

お昼しっかり食べた後なのに、デザートは別腹ですね。

f:id:si-field:20200807225750j:plain


もう一つは平日限定のラテアートです。ラテアートを注文して、待っていたらこんなのが出てきました。

ウサギとクマさんのペアが出てきました。注文から出てくるまで20分くらい待ったでしょうか?待ったかいがあります。

飲むのがもったいなかったのですが、しっかり写真を撮った後、いただきました。

f:id:si-field:20200807230205j:plain

 

パンケーキも甘さ控えめで美味しかったし、ラテアートはなかなか可愛かった。

 

ごちそうさまでした。

 

 

2020.8いづもや 住吉 訪問【大阪・住吉 ランチ編】

いづもや 住吉 訪問【大阪・住吉 ランチ編】

 

ようやく梅雨が明けたと思ったら、連日の30度越えが続いています。ここらでスタミナ補給のため一度行っておきたかったお店に行ってきました。

たまたま、土用の丑の日でしたので混んでいたのか、それともいつもこんなに混んでいるのかはわかりませんが、今日は、開店前から行列がありました。

住吉大社へお参りにする際に、15年以上前からこのお店の前を通っていました。実は、最近まで営業をやっているとは思っていませんでした。

f:id:si-field:20200802143148j:plain

 

関西風のうなぎ(まむし)のお店です。なんとか、ギリギリ開店と同時にお店に入れました。暖簾が以前に比べて新しくなっているように思いました。

f:id:si-field:20200802143629j:plain

 

店内も年季が入っています。

今でも黒電話が現役で頑張っていました。持ち帰りのうなぎの注文が何度が入っていました。

f:id:si-field:20200802152049j:plain

 

壁、柱が長年のうなぎの煙に燻されているのでしょうか? 茶色くなっています。

壁のメニュー表には、鰻まむしは600円からありました。うなぎの量の違いによるものだそうです。今日、他の人の注文を聞いていたら、1,000円から2,000円のまむしを注文しているようでした。

f:id:si-field:20200802143515j:plain

 

今日は、初めての訪問なので、1,500円のまむしを頼みました。せっかくなので、うまきと肝吸いも併せて注文しました。

一巡目の最後の入店になりましたので、一番最後に出されます。45分ほど料理が出てくるまで時間がかかりました。

予想外に時間が掛かったので、うなぎの焼く良い匂いで、ますますお腹が空いてきました。

時間がかかるのは、一人でこなしているので致し方ないと思います。

 

待ちに待ったまむしが、お重にはいって提供されました。ここでは、容器は、値段にかかわらず同じもので提供されていました。

f:id:si-field:20200802145411j:plain

 

蓋を開けると、お待ちかねのうなぎが、ありました。このうなぎの高い時期に1,500円でお店で焼きたてのうなぎがいただけるのはありがたいです。

ここのご飯には、全体にしっかりした量のタレがかけられていました。

一瞬辛いのかなと思いましたが、案外あっさりした味付けです。甘さもしつこいわけではなく、辛さも強くはありません。見た目とは異なっていました。ご飯もタレが十分染み込んでいるからなのでしょうか?柔らかなご飯と言う印象でした。

うなぎも、骨も気になりませんでしたし、臭みもありません。柔らかなうなぎでした。全体にかなり上品なお味でした。

もう少ししっかりした味が好みだと、好みが分かれるかもしれません。

f:id:si-field:20200802145725j:plain

 

うまきの中にも細かく刻まれた、うなぎがしっかり入っています。うなぎのタレが上からかけられていました。(500円税込) 

f:id:si-field:20200802150416j:plain

 

肝吸い(200円税込)です。

えのきと三つ葉が散らされたお吸い物です。これはお出汁の味がしっかりしていましたし、何より驚いたのは、肝の量です。東京・大阪のいろんなお店でうなぎをいただきましたが、肝がいくつも入っている吸い物は初めてでした。これは安いと思いましたし、とても気に入りました。

f:id:si-field:20200802150804j:plain

 

今回、土用の丑の日だということを、すっかり忘れて食べに行きましたが、うなぎはいつ食べても美味しい。

以前のように、もっとどのお店でもリーズナブルな値段で食べられるようになればと思いました。

 

ごちそうさまでした。

 

 

2020.7福壽堂秀信 訪問【大阪・帝塚山 スイーツ編】

福壽堂秀信 訪問【大阪・帝塚山 スイーツ編】

大阪 帝塚山にある和菓子のお店を訪問してきました。

5月の柏餅や、秋のお月見団子など季節ごとに、季節の和菓子を買いに行っているお店で、百貨店などにも多く出店してるお店の本店です。以前は、和菓子を買いに行くと店内でお茶のサービスもあったのですが、いつの頃か無くなりました。

お店に併設された甘味処が今日訪問した茶寮「季」(トキ)です。

お店は、大阪市内を走っている路面電車姫松駅からすぐ近くにあります。このお店の近くにはケーキで有名なポアールもあったり美味しい飲食店があったり、とても好きな場所です。

f:id:si-field:20200725174142j:plain

一時期コロナの影響で和菓子のお店も、茶寮も営業を休止されていたようですが、最近再開されたようなので、夏恒例のかき氷をいただきにいきました。

 

以前は、道路から直接入れる入り口があったのですが、コロナが流行して以来その入り口はなぜか閉鎖されて、和菓子の販売のお店の入り口一箇所になっています。

 

店内には、4人がけのテーブルや2人がけのテーブルがいくつか用意されています。

f:id:si-field:20200725173839j:plain

 

お店の中からは、お庭も見ることができます。落ち着いたお店です。

f:id:si-field:20200725174521j:plain

 

今日は、宇治に抹茶アイスのトッピングをしたもの

氷もきめ細かいものでした。

f:id:si-field:20200725174935j:plain


みぞれあずきに練乳をトッピングしたもの(いわゆるミルク金時)

あずきの粒も大きく、柔らかな甘さのあずきがたっぷり入ったかき氷です。氷の量も多くはないのですが、ちょうど良い量です。

f:id:si-field:20200725175136j:plain


冷やしぜんざい

かき氷のあずきと同じく粒の大きなあずきです。

あれ、一口食べて何か変? へ? 何か変?

あ、白玉が入ってない。

f:id:si-field:20200725175433j:plain


お店の方に白玉が入っていないと言ったら、再度新しく作ってくれました。

白玉入りの冷やしぜんざい。

やっぱり入ってないとしまらない。

f:id:si-field:20200725175701j:plain

 

暑い夏にはかき氷が一番、本当は奈良にかき氷を食べに行きたかったけど、遠出はやめて、近くのお店で一息しました。

 

ごちそうさまでした。

 

 

2020.7徳島 淡路島旅行記その7【淡路島 淡路市 あわじ花さじき編】

徳島 淡路島旅行記その7【淡路島 淡路市 あわじ花さじき編】

洲本での食事も終わったもののまだ時間も早いので、帰る前に折角ここまで来たのであわじ花さじきへ寄る事にしました。

あわじ花さじきは、淡路島の北部丘陵地域の頂上部(標高250m前後)から海に向かってなだらかに広がる高原に、季節ごとに異なる花が植え付けられた場所です。広さは約15haだそうです。

あわじ花さじきの見学は無料ですが、駐車場は有料になっていて一回につき200円でした。(無料に弱い)

 

花さじきの入り口には展望台が設けられています。ここからは丘陵地帯が一望できました。

f:id:si-field:20200725080655j:plain

 

展望台の登って、やや左方向を見ると牧草を刈り込んで2020年の文字が作られている丘が良く見えました。

さらに、その向こうには瀬戸内海を挟んで神戸方面の街並みも見えていました。

f:id:si-field:20200725080048j:plain

 

丘陵には、散歩できる道が繋がっていて、季節の花を身近に見ることができます。7月初旬の今は、サルビアの花がきれいに咲いていました。

f:id:si-field:20200725080418j:plain

 

花の種類はわかりませんでしたが、こちらも花がきれいに咲いていました。

花畑の奥に見えるのが、公園事務所の建物です。屋上は展望台になっています。レストランやお土産物屋さんも入っていました。

f:id:si-field:20200725081246j:plain


いくつも種類の花で花壇も整備されています。

花さじきは、とても広いので遠くまで行ってしまうと帰りが大変です。(行きは下りで楽ですが、帰りは全て上り坂なので)なので、今日は、花さじきの奥まではいきませんでした。

海に向かって広がった丘陵地帯なので気持ち良い空間です。今日は、生憎の曇り空ですが、かって陽も当たらず、心地よい風があって涼しく感じました。

f:id:si-field:20200725081614j:plain

 

花壇を近くで見ると色んな花が植えられているのよくわかります。

f:id:si-field:20200725082212j:plain

 

もう少し後の時期行けば、ひまわりの花がいっぱい咲いていますが、訪問したときにはまだほんの少し、ひまわりが咲いていただけでした。

車でしか行けない場所ですが、時間があればぜひ足を伸ばしてみたらと思います。

淡路島は何度も来ていますが、こんな場所があるとは知らなかったので、初めて訪問しましたが、季節を変えてまた行ってみたいと思います。春の菜の花が植えられているとか、その時期はきっと綺麗でしょう。

 

帰り道、ふと外を見ると巨大な風力発電の風車がいくつも見えました。

f:id:si-field:20200725082609j:plain

 

最後に道の駅あわじにお土産を買う為に寄りました。道の駅あわじの目の前に明石海峡大橋があります。よくこんな大きな吊り橋を建築できたものだと思います。

 

橋のおかげで車で移動するにはとても便利なりましたが、その影でフェリーがなくなったの複雑な思いです。

f:id:si-field:20200726214038j:plain

 

今回の徳島 淡路の旅行は梅雨の季節ではありましたが、1日目の朝は雨が降ってきましたが、昼からは曇り空で翌日には、時々青空も望めるお天気でした。

今は、どこに行くにもマスクが必要です。1日でも早く普通の日常が送れるようになればと思いました。

 

最後までお付き合いありがとうございました。

 

 

 

2020.7徳島 淡路島旅行記その6【淡路島 洲本 L’ISOLETTA  ランチ編】

徳島 淡路島旅行記その6【淡路島 洲本 L’ISOLETTA  ランチ編】

淡路牧場を後にして、洲本まで移動してきました。

レンガの建物があったり、温泉があったりする街です。

車を停めた後、海岸線に向かって歩き始めているとすぐに、洲本港の建物が見えました。以前は、ここから関西空港行きの定期便が出ていたようですが、現在は定期便はないそうです。

淡路島から関西空港へ行くには船の利用が便利ですし、逆に関西空港から淡路島観光をするなら、明石海峡大橋を利用したバスなどでは大廻りすることになります。かなり時間が必要なので、船の利用も便利なのですが、利用客も少なく廃止になったようです。

瀬戸内海の魚は美味しいし、淡路島の牛肉も美味しいのに残念です。橋ができ高速道路が整備されましたが、もしかしたら、ただ通り過ぎるだけの場所になっているのでしょうか?

f:id:si-field:20200718174609j:plain

 

大浜海水浴場(今年は海水浴場としての開設なし)

洲本港に隣接して、大浜海水浴場がありました。

延長750mに渡る白砂の海辺です。今日は波もなく静かな海岸でした。

f:id:si-field:20200718172048j:plain

 

海岸沿いに、黒松林が続いていて、林の中には遊歩道も整備されていました。訪問した日は、日陰に入ると風も気持ちよく快適な気候でした。

f:id:si-field:20200718172517j:plain

 

海の透明度も高く、海水浴場が開設されていれば結構な人が訪れていたのでしょう。(例年なら、7月1日から8月31日までが海水浴場となっているようです。)

今年はコロナの影響で海水浴場としては開設されていないので、売店や、シャワールームも閉まったままになっていました。なので、人の数も数えるほどで、泳いでいる人は見られませんでした。

f:id:si-field:20200718173555j:plain

 

海岸を通り抜けて、お店に行く途中、ふと山の上を見ると洲本城が見えました。

f:id:si-field:20200718175859j:plain

 

L’ISOLETTA(リゾレッタ) ランチ

海岸に面して目的のお店 L’ISOLETTA(リゾレッタ)がありました。予約はしていたのですが、混んでいるのかなとも心配していました。コロナの影響でしょうか、海水浴場も人がいませんし、お店も空いていました。普段だったら予約も入りにくいとのことです。

 

 

洲本温泉街も空いていたのでしょうか?

f:id:si-field:20200718180614j:plain

 

一階のテラス席から外を望むと、まさに海岸沿いにお店があるのが理解してもらえると思います。お店の前の道の向こうはすぐ松林、その先には真っ青な海が広がっています。真夏では暑すぎますが、今日は涼しい外の風が入って心地よい空間でした。

f:id:si-field:20200718181139j:plain

 

食事は2階でした。ゆったり席が配置されており快適な空間になっていました。

f:id:si-field:20200718181522j:plain

 

まずは前菜から、トマトとミョウガのピクルス、少し酸味の強い味付けのピクルスでした。

トマト自体の甘味が強いのでしょうか、口に含むと、全体にバランスの取れたピクルスでした。

f:id:si-field:20200718181826j:plain

 

さらに、ウスイエンドウのクリームチーズがクレープ生地?で巻かれたものが出てきました。

f:id:si-field:20200718182133j:plain

 

次に、エビや、クリームチーズがシュー生地に挟まれたものや、卵の黄身がバゲットの上に添えられた濃厚なお味のものなど、一手間かけた前菜が続きました。

f:id:si-field:20200718182401j:plain

 

それらの前菜に合わせて、トマトのコンソメスープが出てきました。濃厚なチーズの味がトマト味のスープで口がさっぱりしました。

f:id:si-field:20200718182859j:plain

 

そして、次に種類豊富な野菜サラダ(バーニャカウダー)です。紫芋や、カブなど多くの野菜が入っていました。温めたドレッシングがかけられ、お皿も温められて提供されました。食感が野菜ごとに異なり飽きさせない工夫がされていました。

また、どのお皿にもお店の名前が入っていて食器に対するこだわりを感じました。

f:id:si-field:20200718183152j:plain

 

パンは、自家製パンでした。

f:id:si-field:20200718201344j:plain

 

バターは大山バターです。近くのイカリスーパーで見たことはあるのですが、食べたのは初めてです。雪印バターに比べて、ミルク感が強い甘いバターと感じました。パンとマッチして美味しいバターでした。色もやや白味がかった色彩が特長でした。

f:id:si-field:20200718201701j:plain

 

自家製の淡路島玉ねぎが練りこまれたパンでした。玉ねぎの香り、味がしっかり残って美味しいパンでした。バターとの相性も良かった。

f:id:si-field:20200718201929j:plain

 

次は、銘柄豚のソテーにバルサミコソースがかけられたお料理でした。豚自体にしっかりとした甘味があり、付け合わせの野菜や、からっと揚げられた野菜と一緒にいただくと、また違った味が楽しめるお料理です。これはとても気に入りました。

f:id:si-field:20200718202334j:plain

 

次にパスタ。じゃがいもとインゲンのバジルソース、さらにヤギのチーズをパスタの上にかけていただくものでした。バジルソースの香りがきついのでヤギのチーズのクセも緩和されて美味しいものでしたが、これは正直に言って好みではありませんでした。

バジルが大好きなら良いのですが、この料理は好みが分かれるかもしてません。

f:id:si-field:20200718203421j:plain


そして、最後にデザートとしてアイスクリームと果物が出されました。

バニラアイスにナッツ入りのソースがかけられていたりして、口直しにはぴったりです。

ブルーベリーがとっても甘いのが印象的でした。

f:id:si-field:20200718203628j:plain

 

飲み物は、コーヒーをリクエストしました。

f:id:si-field:20200718204046j:plain

 

前菜から始まって、デザートまで食べ終わるまで約2時間かかりましたが、感覚的には、あっとゆう間でした。

美味しいお料理を雰囲気の良い空間で食べるのはとても良かった。

このお料理が1人3,850円です。(ただし、カードは使えません。ご注意ください。)

 

ごちそうさまでした。

 

その7に続く